しまなみ体験記

【Drive&Ride~上島町篇~】

フェリーで渡って離島のすばらしさを満喫 1泊2日の女子旅スタート!

潮の香りを感じる海藻押し葉アート

今回の女子旅は、弓削島にある「せとうち交流館」で海藻押し葉アート体験からスタートします。押し花アートなら聞いたことがあるけれど、“海藻押し葉”ってどんなのだろう…?とワクワクしながら、作り方についてレクチャーを受けました。今回教えてくださったのは、「ゆげ女性塾」のみなさんです。

作り方は超簡単! 誰でも体験可能

海藻押し葉アートの作り方はとても簡単。【①コースター・しおり・ハガキの3種の台紙から作りたいものを選ぶ②台紙を水に濡らす③好きな海藻を選び、台紙にのせる】以上。ここから後の乾燥、ラミネート加工は先生にお任せ。後日完成した商品が郵便で届きます。ということで、それぞれ好きな台紙を選び体験スタート!

赤や緑色のカラフルな海藻を爪楊枝でとりながら、台紙の上に広げていきます。並べていくうちに、何かの形にみえてくるかも…?

10分~30分ほどで完成!

10分ほど夢中になって海藻を並べ、3人それぞれの個性が表れた面白いアート作品が出来上がりました。

後日綺麗に加工された作品が郵便で届きました。体験中は海藻から香る潮の香りに“島らしさ”を感じ、後日届いた完成品を見て、またその時の思い出が蘇える…。島旅の思い出作りにオススメです。

施設名:せとうち交流館
住所:愛媛県越智郡上島町弓削下弓削1037-2
電話:0897-77-2252
休み:年末年始
料金:1,000円/人
申込み:体験の1週間前までに電話にて要予約
P:有
URL:https://www.kamijimainfo/activity/海藻押し葉アート/

せとうち交流館で自転車をレンタル

体験を終え、ここからは自転車をレンタルして島を巡ります。「せとうち交流館」では、22台のレンタサイクルがあります。クロスバイクやシティサイクルから2人用のタンデム自転車まで種類豊富。目的や用途に合わせて自分にぴったりな自転車をレンタルできます。子ども用自転車もあるので親子でサイクリングを楽しむこともできますよ。

e-bikeをレンタルして、いざ出発!

今回レンタルをしたのは、愛媛でも利用が増えている「e-bike(スポーツ電動アシスト自転車)」。アシスト付きなので、体力に自信がない人やサイクリングの経験が少ない人でもラクチン! レンタサイクルを利用すると、ヘルメットも無料で借りることができるので、安心ですよ。それでは、自転車旅へ行ってきます!

施設名:せとうち交流館
住所:愛媛県越智郡上島町弓削下弓削1037-2
電話:0897-77-2252
開館時間:8:30~17:15
休み:年末年始
料金:550~5,500円(種類ごとに異なる)
P:有
URL:https://www.kamijima.info/cycling/#bicycle-rental

築100年超の古民家の蔵で営む癒やしカフェ

自転車で島内をしばらく走っていると、お腹が空いてきました。そろそろランチタイムということで、立ち寄ったのが住宅街の路地裏にある「Kitchen 313 Kamiyuge」さん。ここは、築100年を超える古民家の蔵をリノベーションしたパン工房です。ベーグルをメインとしたパンの販売、サンドイッチ、ドリンクなどカフェメニューを提供しています。

島の食材を使った絶品もちもちベーグル

お店に入ってすぐのところに並んでいるのは、店主さん手作りの島で採れた季節の素材を使った変わり種のベーグルや、食パン、畑で育てた野菜など。購入したパンは、店内で食べることもできますよ。テイクアウトのみの利用ももちろんOK!

ボリューム満点のベーグルサンドとドリンク

お昼ご飯に注文したのは、「ベーグルサンド」(400~470円)。店主さんが自ら育てた野菜や、島で仕入れた野菜をたっぷりと使い、自家製の鶏ハムを挟んだ特製サンド。ベーグルのもっちり感と、野菜のシャキシャキとした食感が楽しい、ボリューム満点の一品です!

サンドに合わせていただくのは、サイクリングをして汗をかいた身体にすぅ~っと染み渡る「赤紫蘇スカッシュ」(450円)。甘酸っぱくて、紫蘇の香りが爽やか。また、大洲の「カトラッチャ珈琲焙煎所」さんの生豆を自家焙煎して淹れたコーヒーもオススメですよ。お店で使用している食器は、職人さんに特注で作ってもらうこだわりよう。素敵ですね~!

縁側でのんびりカフェタイム

ドリンクやパンはテイクアウトも可能ですが、店の奥にある縁側に腰を掛け、古民家の趣を感じながらゆっくりとした時間を過ごして行くのはいかがでしょうか。食事を済ませたら、旅の思い出にベーグルを購入して帰るのも良いですね。

施設名:Kitchen 313 Kamiyuge
住所:愛媛県越智郡上島町弓削上弓削313
電話:0897-72-9075
営業時間:11:00~15:30
定休日:月・水・金・日曜
URL:http://313.mystrikingly.com/

隠れたフォトスポット「大森神社」

次に訪れたのが、密かにカメラ女子やサイクリストの間で話題となっているフォトスポット「大森神社」。神社側から鳥居を見ると、鳥居の間から海が見えて、その景観がまさに映えます。鳥居の向こう側を歩いているところや、海に向かって座る後ろ姿を写真に収めると◎。

施設名:大森神社
住所:愛媛県越智郡上島町弓削久司浦592-1
備考:見学自由
URL:https://www.kamijima.info/sightseeing/大森神社/

上島女子旅の必見フォトスポット「防波堤ペインティング」

次も島内のフォトスポットを紹介します!これは防波堤に描かれたアート作品です。「かみじまアートプロジェクト2019」として、全国のアーティストが考えたデザインを島民と一緒にカタチにした、島の美しさや豊かさに寄り添うアート作品。上島町内に3箇所(生名・弓削・岩城)あります。こちらの写真は生名島の海沿いに描かれた「みんなのクジラ」。近くで見てみると元気いっぱいな筆の跡が見つかりました。ちょっとおしゃれなポーズを決めて記念撮影!

こちらは、弓削島の防波堤に描かれている「天(そら)の花」。黄色や青を使って描かれた大輪の花が、時間帯によって色を変える海に溶け込みます。青空に咲く花をイメージし
ながらパシャリ!

「海のおとを聴く」は、岩城島の防波堤アート。個性豊かな姿かたちの仲間と一緒に海の波音に耳を澄ませました。防波堤の絵とお揃いのポーズで! SNS映えもばっちりです。それぞれ違う島にあるので近くに行ったときに探してみて!

住所:越智郡上島町生名(みんなのクジラ)、越智郡上島町弓削久司浦(天の花)、越智郡上島町岩城(海のおとを聴く)
電話:0897-77-2252(上島町商工観光課)
URL:https://www.kamijima.info/bwp2019/

本日のお宿は懐かしさと遊び心いっぱいの「弓削の宿」

今回宿泊する「弓削の宿」に到着! 築100年以上の二階建て古民家をご夫婦でリノベーションした居心地の良いお宿です。一部はオーナーが自ら手を加えて造ったのだとか。天気がいい日は庭のウッドデッキで涼むこともできますよ。

心地よい風が吹き抜ける角部屋でガールズトーク
古民家の懐かしく温かい雰囲気の中でゆったりとくつろぐことができました。窓からは潮の香りがする心地よい風が吹き抜けます。エアコンが付いているので暑い日も、寒い日も快適に旅の一日の終わりに語り合うことができるはず。さあ、明日の計画を立てましょう!

夕食は獲れたての海の幸をふんだんに使った料理をいただきました。アットホームなダイニングでわいわいと楽しく過ごす時間はあっという間! 他にも四季折々の食材が楽しめます。

私たちを温かく迎えてくれた川畑ご夫婦。とても気さくに接してくれて、島の観光情報も教えてくれますよ。ありがとうございました!

施設名:古民家 弓削の宿
住所:愛媛県越智郡上島町弓削下弓削384-1
電話:080-6442-3298(川畑)
時間:IN/15:00 OUT/10:00
料金:大人食事付10,000円/人 大人素泊まり6,000円/人
P:有
URL:http://www.yugenoyado.com/index.html

さぁ、2日目の始まりです!フェリーを乗り継いで青いレモンの島・岩城島へGO!

島で作られたレモンのアロマオイル

2日目の午前はヨガで心身ともにリフレッシュ。栽培が盛んな上島産のレモンのアロマオイルを垂らしたリボンを腕につけることでポーズをとる度にふわっとレモンが香ります。レモンの香りには集中、リフレッシュ、消化促進の効果があるのだとか。

初めてでもできる! レベルに合わせたメニュー

まずは呼吸を整えるところから。目を閉じて、波打ち際の音に耳を澄ませます。先生の言葉通りに動くと、自然と全身で空気を取り込んでいく感覚になれました。ヨガマットとレジャーシートは借りることができるため、屋外でのヨガも安心です。

オリジナルの「レモンの花のポーズ」に挑戦! みんなで向かい合うように座り、仰向けになるように、倒れていきます。足を宙に浮かせたまま息を吐いてゆっくり倒れるのがポイント。太陽の光をからだいっぱいに浴びて、たくさんのエネルギーをもらいました。

海辺で仲良くレモネード

ヨガで心身ともにリフレッシュしたあとは、みんなで仲良く先生お手製のレモネードをいただきました。爽やかで優しいレモンの味が身体中に染みわたります。
開催場所は潮の満ち引きの時間によって変わるので問い合わせを!

電話:0897-77-2252(商工観光課)
時間帯:11:00~12:00または夕暮れ時(季節によって時間調整)
料金: 1,500円/人
定員:1~10名
申込み:体験の1週間前までに電話で要予約
URL:https://www.kamijima.info/activity/lemon-yoga/

岩城島特産のレモンポークを堪能

レモンの香りに包まれてヨガを体験した後に、やってきたのは岩城港から徒歩1分、「リモーネ・プラザ」内にある喫茶店「レモン・ハート」さん。ここでは、岩城島特産の「レモンポーク」を味わえます。

各界の著名人も味わった元祖レモンポーク丼

「レモンポーク」とは、岩城島の温暖な気候の中、潮風をたっぷり浴びてレモンを食べて育った豚です。潮風をたっぷり浴びて育った、柔らかくてジューシー、甘みがあるのが特徴。このお肉をたっぷりと使った「レモンポーク丼」の元祖が、こちらのお店だと言われています。これまで、各界の著名人がこの丼ぶりを求め店を訪れたそうで、店内にはたくさんのサインが飾られています。今回は店主さんイチオシの「スペシャルポーク丼」(780円)を注文してみました。

厚めにスライスしたモモ肉を3枚焼き、丼ぶりにごはん、レモンの果汁を入れた特製ダレ、キャベツ、ポーク、目玉焼き、そして最後にもう一度特製ダレを回しかけて完成したのがこちら!

驚きのボリューム! これはまさにスペシャル! そのビジュアルに興奮しながら、柔らかいお肉でキャベツやごはんを巻き、いざ口の中へ。ボリューム満点なのに甘くて後味爽やかなタレも相まって、食べる手が止まりません。「女性一人でも完食する人が多い」というのも納得。お腹も心も大満足です! ごちそうさまでした~!

「リモーネ・プラザ」では特産品の販売も

リモーネプラザ内にある「いわぎ物産センター」には、岩城島で作られた旬の野菜や特産品を販売しています。冷凍の「レモンポーク」も販売しているので、お土産にいかがでしょうか?

他にも、「レモンブッセ」(173円)をはじめ、岩城産レモンを使ったスイーツも多数! こちらもお土産やサイクリング合間のおやつにぴったりですよ。

レンタサイクルもOK!

島巡りには自転車が便利! 「リモーネ・プラザ」では自転車のレンタルも行っているので気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

施設名:レモン・ハート
住所:愛媛県越智郡上島町岩城1427-2(リモーネ・プラザ内)
電話:0897-75-3277
営業時間:9:00〜16:00(いわぎ物産センターは8:00~17:30、日曜~17:00)
定休日:日曜 ※いわぎ物産センターは年末年始、地元祭礼日以外は営業
URL:https://www.aoilemon.com/publics/index/143/

上島町を思う存分楽しんだ2日間。温かく迎えてくれた島のみなさんの優しさに触れ、あっという間に時間が過ぎました。2022年3月には生名島と岩城島を結ぶ岩城橋も完成予定。これで弓削島・佐島・生名島・岩城島が橋で結ばれ、全線開通となる「ゆめしま海道」。ますます観光しやすく便利になる上島町にぜひ遊びに行ってみてください!きっと心も体も癒やされることでしょう。

※本取材の情報は2020年10月現在のものです。

「しまなみジャパン」おすすめ宿&体験

PHOTOGENIC|しまなみフォトジェニック

  • 日本語
  • ENGLISH
  • 日本語
  • ENGLISH
  • YouTube